キウォフハートの正しい与え方

愛犬のイメージ キウォフハートは大切な愛犬を守るために欠かせないフィラリア予防薬です。

薬を苦手とする犬は多いですが、キウォフハートは美味しく食べられる牛肉フレーバーがついたソフトな食感のお薬です。そのため、どのような犬でもストレスなく薬を投与できます。

 

フィラリア予防薬は動物病院で処方してもらうのが一般的ですが、現在では通販でも購入できます。

通販を利用することによって通院にかかるお金・時間・手間を省けますし、動物病院よりも扱っているお薬の種類が多いので、愛犬に合ったお薬に出会えます。

 

しかし、非常に便利でお得な通販ですが、これから通販でキウォフハートを購入しようと考えている場合には気をつけなければならないことがあります。

それは、用法用量です。

非常に有効性が高いお薬でも間違った使い方をしていると十分な効果は得られませんし、逆に健康に悪影響を与えてしまう恐れがあります。

 

ここでは、安心安全にそして効果的にキウォフハートを使うために、正しい与え方についてご紹介します。

 

キウォフハートを正しく与えた場合の駆虫効果

愛犬のイメージ通販で購入できるフィラリア予防薬のキウォフハートは、動物病院でもよく処方されているカルドメックのジェネリック医薬品です。

なので、どちらも使用されている有効成分は同じ「イベルメクチン」と「ピランテル」です。

イベルメクチンの特徴

主にフィラリアに対する駆虫効果があり、いろいろなフィラリア予防薬に使用されている成分です。イベルメクチンは無脊椎動物の神経細胞と筋細胞のシグナル伝達物質と結合し、

フィラリア幼虫を麻痺させる作用があります。

また、イベルメクチンは哺乳類全般への毒性が低いため、妊娠中や授乳中の犬へも使用できます。

ピランテルの特徴

主に線形動物の内部寄生虫に対する駆虫効果があり、回虫、鉤虫、鞭虫などのお腹の虫を死滅させます。ピランテルは内部亜寄生虫の神経中枢へ作用し、筋肉を持続的に麻痺させます。死滅した寄生虫は弁と一緒に排出されます。

なお、ピランテルもイベルメクチンと同様に安全性が高い成分のため、妊娠中であっても服用できます。

 

キウォフハートにはこうした2つの有効成分が配合されているため、定期的に服用するだけでフィラリアや内部寄生虫から愛犬を守ることができます。

 

動物病院と通販の薬に違いはある?

こちらで紹介しているキウォフハートは、日本で認可されていないため購入する場合には個人輸入をしなければなりません。

日本で認可されていない海外の薬と聞くと品質や効果に不安を感じますが、実際はどうなのでしょうか?

 

現在、動物病院で処方してもらえるフィラリア予防薬は多数ありますが、お薬嫌いな犬に人気があるのはカルドメックというお薬です。

チュアブルタイプとなっており、おやつ感覚で与えられることからお薬が苦手な犬でも簡単に投与できます。

 

美味しくフィラリアを予防できると評判のカルドメック。実はこのジェネリック医薬品がキウォフハートなのです。

海外医薬品には抵抗がある、通販の方が品質は劣ると考える方は多いかと思いますが、実際に動物病院で処方されている人気の薬のジェネリック医薬品だと知ったら試してみてもいいかも…という気持ちになりませんか?

薬の名前やお値段は違いますが、同じ有効成分が使用されていますし、両者とも嗜好性に優れたチュアブルタイプなので中身はほぼ同じです。添加物やパッケージが外国語などの違いはありますが、効果に違いはありません。そうなれば、安価に試せるキウォフハートの方が魅力的ではないでしょうか。

 

キウォフハートの基本的な投与方法

ここからはキウォフハートの正しい与え方についてのお話をしていきます。

まず、キウォフハートには種類あります。それぞれ愛犬の体重によって適切な種類が変わってきますので、通販で購入される前には愛犬の体重を測定することをオススメします。

 

また、フィラリア感染の有無を検査していない場合には、事前に検査を受けて陰性であることを確認してください。

フィラリアに感染した状態の犬へ投与すると、体内でフィラリアの幼虫が大量死滅し、ショック症状が生じる恐れがあります。

【キウォフハートの種類】

小型犬用:体重5.7〜11.3kg

中型犬用:体重11.4〜22.6kg

大型犬用:体重22.7〜45.3kg

【用法用量】

1ヶ月に1回、1錠を経口投与する

フードを少量与えた後にそのまま与えても良いですし、錠剤を割ってフードの中に混ぜて与えても良いです。

 

キウォフハートは噛み砕かずそのまま服用すると効果が半減してしまいます。そのため、丸呑みするくせがある犬には細かく砕いてから投与してください。

もしも、投与してから1時間以内に吐き出した場合には、薬が効いていない状態なので2〜3日後に再度投与してください。

【投与期間】

フィラリアは蚊が媒介する寄生虫なので、蚊の発生時期に合わせて投与します。

投与は蚊の活動が活発になる5月から開始し、蚊の活動が低下する12月まで続けてください。

 

毎月、決まった日に投与するようにしてください。

投与を忘れないためにも毎月1日や末尾に与えるようにする、投与日をカレンダーに記入しておく、アラームで知らせてくれるように設定するなどの工夫をしておきましょう。

 

投与時の注意点

・投与量は愛犬の体重1kgに対しイベルメクチン6mcg、ピランテル5mgとなっています。

・小型犬用、中型犬用、大型犬用と使い分けてください。

・体重が45kgを超える場合には腹痛のキウォフハートを組み合わせてください。

・本剤は生後6週齢以上の子犬からご使用いただけます。生後6週齢未満の子犬へは使用しないでください。

・ほかのフィラリア系薬剤やピペラジン系駆虫薬との併用は禁止です。

・コリー犬やコリー系の犬種、シェパードなどの一部犬種はイベルメクチンに対して過剰反応を示す恐れがあるので、慎重に投与してください。

・離乳前の子犬への投与はしないでください。

・妊娠中や授乳中の犬へ投与する際には事前に獣医師の指示に従ってください。

 

通販のキウォフハートには副作用はある?

愛犬のイメージキウォフハートは副作用が少なく安全に投与できるフィラリア予防薬です。

そのため、投与後も今までと変わらず過ごしていただけますが、医薬品ですから必ず副作用のリスクはあります。

キウォフハートの副作用は、1.1%の割合で吐き気や嘔吐の症状が現れると報告されています。また、ほかにも稀に食欲不振、下痢、よろめき、唾液分泌過多、無気力といった症状が現れる恐れがあります。

 

投与後に異常が現れた場合には、速やかに獣医師の診察を受けてください。

 

まずは動物病院で処方してもらうのもアリ

キウォフハートの使い方は特に難しくありません。しかし、投与に適していない犬へ投与してしまったり、投与方法を誤ってしまうと健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。

また、キウォフハートはフィラリアへ感染していないことが前提で投与するお薬です。感染しているかどうかは動物病院で検査を受けなければ判断できませんので、これから初めてキウォフハートを通販しようと考えている飼い主さんは、まずはじめは動物病院へ行って診察を受けましょう。

 

また、動物病院ではキウォフハートと同一成分のカルドメックを扱っていますので、使い方について直接説明を受けることをオススメします。

1度診察を受ければあとはキウォフハートに切り替えても問題ありませんので、通販でお薬代を節約しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました