キウォフハートと一緒にしたい寄生虫予防策

愛犬のイメージ フィラリアは別名犬糸状虫とも呼ばれる細長い白い虫です。成虫になると長さ10〜30cmにもなり、心臓や肺などへ寄生して最終的には臓器の機能が低下して死に至ります。

しかも、フィラリアは蚊が媒介する寄生虫なので一昔前までは予防するのが難しく、犬の死亡原因の第1位でした。

ここまで聞くと非常に恐ろしい寄生虫ですが現在は様々なお薬が誕生し、キウォフハートなどのお薬を使えば100%予防することができます。

ですから、愛犬にいつまでも健康で過ごしてもらうためにも、しっかりと予防をしてあげましょう。

 

ただ、寄生虫から愛犬を守るためには本当にお薬の投与だけで十分なのでしょうか?

ここでは、日頃からできる寄生虫対策についてお話ししたいと思います。

 

フィラリア予防のために

愛犬のイメージフィラリアは蚊に刺されることによって感染しますが、「蚊に刺される=フィラリアに感染する」わけではありません。感染するのはフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を持っている蚊に刺された場合のみです。つまり、フィラリアに感染している犬を吸血した後に他の犬へ吸血すると感染が広がるということ。

従って、フィラリアの感染を防ぐためには、蚊に刺されないように対策する必要があります。

例えば、蚊がいる時期は蚊取り線香などの寄せ付けない商品を使うだけでもリスクは減らせるでしょう。

とはいえ、人間でも知らない間に蚊に刺されてしまうので、完全に防ぐことはできませんので、キウォフハートなどのお薬を投与することが望ましいです。

 

ちなみに、フィラリア予防に関する質問でよく見かけるものをQ&A形式で紹介します。

 

Q.マンションの高層階で室内飼いだから薬を飲ませなくても大丈夫?

A.室内飼いであっても蚊に刺されるリスクは十分にあります。また、蚊などの小さな虫は4階程度の高さまでしか飛べないと言われていますが、上昇気流の影響、マンションの壁を伝ってくる、人と一緒にエレベーターに乗るなどで高層階でも蚊に刺される恐れがあります。

そのため、どこに住んでいても油断せずにしっかりと予防対策をしてください。

 

Q.涼しくなって蚊もいなくなったら薬をやめていい?

A.キウォフハートなどのお薬は、蚊がいなくなった1ヶ月後まで投与する必要があります。というのも蚊がいなくなる直前に刺されてしまうこともあるので、蚊がいなくなってすぐにお薬を中断するのは良くありません。また、住居環境というのは常に快適な温度に設定されているので、なるべく1年通して投与しておく方が良いでしょう。

 

Q.1回くらい投与忘れても大丈夫だよね?

A.キウォフハートは1ヶ月に1回の投与が必要です。しかし、投与間隔が空いているので次の投与日を忘れてしまうケースがあります。

1回くらい…とも思いますが、1回投与を忘れるだけでフィラリアに感染するリスクは一気に上がり、今まで続けていた薬の意味がなくなってしまいます。

そのため、投与忘れに気づいた場合には、近くの動物病院へ相談して獣医師の指示に従ってください。

 

お腹の虫予防のために

寄生虫は体の外(皮膚や被毛)にすみつく外部寄生虫、体の中(消化管や心臓)にすみつく内部寄生虫の2種類に分けられます。

一般的にお腹の虫と呼ばれる内部寄生虫には色々な種類がありますが、寄生場所が体の中なので感染していても気づかないパターンが多いです。

ですが、そのまま放置していると消化管や食欲などに影響を与えますので、予防する必要があります。

 

そもそも、お腹の虫はどうやって感染するのか?

寄生虫の種類にもよりますが、母子感染、経口感染、経皮感染などとなります。数が少ないうちは健康に影響を与えないので気がつきませんが、寄生虫に感染して好影響を与えることはありません。また、回虫は人に感染すると重篤な症状が現れるので気をつけたいです。

 

お腹の虫に感染すると、寄生虫の卵や死骸が便のなかに混じっていたり肛門の周辺に付着しているのが確認できることがあります。ただ、感染状態を調べるためには動物病院で検便を行ない、キウォフハートなどのお薬を使って内部寄生虫を駆除します。

内部寄生虫の予防も基本的には定期的な駆虫薬の投与となりますが、予防のためには清潔な飼育環境を保つ必要があります。

というのも、キウォフハートによって死滅した内部寄生虫は便と一緒に排出されますが、排便後されてから数日経過すると感染力が高まってきます。また、便をそのまま放置していると犬が嗅いだときに鼻先に寄生虫が付着し、それを舐めると再感染してしまいます。

そのため、内部寄生虫の感染を防ぐためには、排便後は犬が近寄らないようにしてすぐに片付けるようにしましょう。

 

忘れちゃいけないノミやダニにも要注意

ここまではキウォフハートで駆除できる内部寄生虫について紹介してきましたが、当然外部寄生虫の感染リスクもありますので、一緒に予防対策を始めましょう。

 

外部寄生虫の中でも有名なのはノミとダニです。

これらは犬の表皮にすみついて、吸血することで成長と産卵を繰り返します。

フィラリアと同様に完全室内飼いの犬であっても飼い主が外から連れてくることもありますし、家の中は常に快適な温度と湿度が保たれているので、通年寄生虫対策が必要です。

 

ノミやダニに寄生されると激しいかゆみや炎症が起こりますし、吸血量が増えると貧血になる恐れもあります。また、ノミやダニが持っている病気に感染することもあるので外部寄生虫にも十分注意しなければなりません。

予防方法としてはこちらも定期的な駆虫薬の投与がオススメです。

なお、ノミは家の至る所で増殖する恐れがあるので、こまめに部屋の掃除や換気を行うことが大切です。また、シャンプーやブラッシングを行なうことで感染していてもすぐに気づけます。

 

基本的にはやっぱりキウォフハートで駆虫・予防しよう

愛犬のイメージ犬と一緒に暮らすということは、同時に寄生虫から守ってあげる必要があります。ここでは様々な予防方法をご紹介してきましたが、やはりベースとなる予防方法は「駆虫薬」です。

駆虫薬といっても毎日与える必要はなく、基本的には1ヶ月に1回の投与だけでOKです。

しかも、キウォフハートであればフィラリア、回虫、鉤虫、鞭虫といった幅広い内部寄生虫に有効ですし、犬が好んで食べてくれるソフトチュアブルタイプなので、犬にとってお薬の時間が楽しくなります。

 

また、動物病院で処方してもらえる駆虫薬は高価ですが、キウォフハートはジェネリック医薬品なので他の駆虫薬と比べても安いですし、通販から購入することができます。

たった1ヶ月のお薬で愛犬の健康を守れるので、飼い主さんはぜひキウォフハートを使ってあげてください。

 

通販なら他の寄生虫予防薬も買えちゃう

犬の健康に害を与える寄生虫は、いつどこで感染するかわかりません。しかも、肉眼で確認できないケースが多いので、愛犬に辛い思いをさせてしまう可能性が高いです。

日常生活での対策で寄生虫の感染リスクを下げることはできますが、健康被害を0%にすることはできないので定期駆虫をお勧めします。

定期駆虫はペット先進国であるアメリカのCDC(疾病予防管理センター)やAAVP(寄生虫学協会)でも推奨しており、ペットの健康を守るために非常に有効とされています。

 

動物病院では必要に応じて駆虫薬を処方してくれますが、忙しくて通院できない飼い主さんや病院嫌いな犬もいるでしょう。また、1回の通院で高い費用がかかるため、なるべく通院を避けたい飼い主さんもいるでしょう。

しかし、寄生虫の健康被害を防ぐためには駆虫薬が必須です。当サイトで紹介しているキウォフハートは個人輸入の通販で購入可能となっており、1ヶ月分約2300円〜なので負担を抑えられます。

また、ノミ・マダニなどの外部寄生虫に有効な駆虫薬、シャンプー、スキンすぷれーなど様々な商品も扱っていますので、自宅にいながら徹底的に寄生虫予防できるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました